施設により全く異なります

・認知症に対応した介護施設はあるか。
リハビリが充実した介護付有料老人ホームはあるか。
など様々な要望があります。

介護保険制度が施行されてから、制度自体も見直されてきましたが、施設もかなり変貌を遂げています。

最初は豪華な介護付有料老人ホームが開設され、それはバブル期やその時に計画されたものが多く、お元気なうちに入って、介護になっても安心ですよというコンセプト。

更に施行されてからは、社員寮を売り払う企業が多かったことを背景にして、居室にはトイレと洗面だけを備え付け、一ヶ所の食堂や大浴場のみ備えている所などがありました。

その後は、現在と同様で、土地のオーナーが借主の意向を受け、図面決定、建築会社を決めて建て、土地と建物を一括で貸すリースバック方式で介護付きが全国に広がりました。

最初の頃の社員寮の改修では、廊下幅も狭く、建物も古さを感じる箇所があったりなど、いかにも改修しました感が出ていました。新築で建てられた建物とはかなり差を感じましたが、その頃は建物よりも預かってもらえるだけでも良いといった風潮だったのかと思います。

現在は、各社が工夫して木造で立てて暖かみをだしたり、南国風、欧風、和風、ホテルっぽいものなど、差別化を打ち出そうと必死になっています。内容の関しても、看護師を日中だけでなく24時間配置したり、リハビリの専門職を雇用したりなど、特色 を出そうとしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です