千葉県の有料老人ホームの傾向

親が転倒して大腿部頸部骨折をして入院してしまい、現在リハビリ病院でリハビリを受けています。ソーシャルワーカーからは、退院後の場所をどうするか相談があった為、自分なりに介護施設と在宅での介護を検討してみました。

まず、千葉県の介護付有料老人ホームを調べました。人口の多い千葉市や船橋市や松戸市の介護付有料老人ホームが多く紹介されている傾向があるようで、他の市も多少ありますが、上記の3つの市が一番多いようです。

他の市も含めてですが、全体的に介護付有料老人ホームの数は、その他の分類と比較すると少ないようです。住宅型有料老人ホームの数が多く見受けられ、最近?認可されてきたサービス付き高齢者向け住宅も数を伸ばしているようです。

設備もしっかりとしていて、ゆったりと造られているような感じを受けましたが、値段はそれなりにするところが多いです。他の分類と違い職員の配置もクリアしないといけない数値があったり、看護師が日中いたりなど色々な規制を満たした分類の施設が介護付有料老人ホームだそうです。親を預ける子供の立場からすれば、規制をクリアした体制をとった介護施設の方が安心の為、他の分類よりも優先的に検討しようと思っています。

対して在宅介護は、誰かしらヘルパーに来てもらったり、日中デイサービスに通ったりなど出来るものの、やっぱり一人でいる時間も長い事から、家族のバックアップがないと成り立たないように感じます。ある程度、母が動けるうちは良いですが、下の世話が自分で出来なくなってきた時や、私自身の体調が悪くなったり病気の治療を専念するような立場になってしまったら、やはり母には独居での生活を諦めてもらい、介護付有料老人ホームに入ってもらおうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です