埼玉の介護付有料老人ホーム事情

これまで埼玉県は人口が多い割に、老人ホームの数が少ないと言われてきましたが、県の政策により急速に数を増やし、今では数を制限するようにまでなりました。
特に、埼玉県にある介護付有料老人ホームの一覧などを見れば分かりますが、ここ5~10年で建ったものばかりです。

他の地域と同様に、人口が多い都市部は数が物凄く多く、郊外は少ない傾向にあります。当たり前ですが、働く人も少なければ、入居する人も少なくなるからです。ですが、困り具合からすると郊外に住んでいる方の方が家族が遠かったり、交通が不便だったりする為、困り具合は変わりません。最近では、高齢者の運転による事故も増えている事から、免許証を返還してしまう人も多くいるでしょう。

介護付有料老人ホームが多く開設された埼玉県では、大手の運営事業者がかなり数を伸ばしましたが、小・中の企業規模のところも参画しています。大手事業者は研修などが充実している点が良いですが、施設長のやりたい方針などは簡単には取り入れられないなどの柔軟性にかける所があります。一方、小・中の企業では、柔軟性はありますが研修などは大手よりは取り組まれていないと思われます。

住宅型有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅など様々な種類がありますが、認知症で徘徊があったり、インシュリンの注射や痰の吸引といった看護業務を要する状態の方はやはり埼玉に限りませんが、介護付有料老人ホームの方が安心出来るでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です