特別養護老人ホームは安いけど

通称「特養」と呼ばれている特別養護老人ホームは、入所にかかる費用を軽減できるため、老人ホームの中でも「安い」として知られています。
費用が軽減できるのは、国の資金が投入されている社会福祉法人と地方自治体のみが運営する公的施設だからです。
施設サービスは介護保険適応で1割負担、食事や居住費は厚生労働大臣に定められた基準費用額になっており、低所得者は負担限度額の減額申請というものもあり、合計金額は個々人によって変わってきます。申請しないことには適応されませんので覚えておきましょう。
費用面で大変人気なのですが、特養に入所希望をしてもなかなか入れないといったのが現状です。数年待ちというのも当たり前で、申し込みよりも介護の優先度を優先します。入所希望者は「入居判定委員会」の合議で決められるのです。

小さなお子様をお持ちの親御さんならご存じでしょうが、市町村で運営されている保育所でも所得に応じて保育料が変わっていき、中には個人運営の保育所よりも高いということもありますので、「特養はとても安い」というふうにならないこともあります。

介護付有料老人ホームは日本全国にあり、希望に叶うところがあり、空きがあればすぐに入所することも可能です。
介護付有料老人ホームは、基本的に完全個室でプライベートな時間を過ごして頂くことができますが、特養の場合、相部屋が当たり前で、個室希望にするとその分は全て自己負担になります。病院で個室を希望することと同じだと考えましょう。