介護付有料老人ホームの費用

ご家族での介護が厳しくなったとき、介護付有料老人ホームを検討するかと思います。
介護は受ける方も、行う方にとっても負担となるところがあります。
これは家族だから云々というものではありませんし、介助の仕方でお互いに楽になる知識や技術もあります。
家族も24時間体制で行うなど無理なことがあり、実際に行った方でしか分からないのです。

介護付有料老人ホームの費用がいくらになるのか、検討する際に気になるのではないでしょうか?
一般的に、入所の際に必要な相場として数百万円と言われていますが、健康な私たちでさえ1年間の生活費は百万円を超してしまいます。入所となるとホームの利用料や職員の人件費、管理費、介護費などが発生しますので、私たちの生活費より高くなることは想像できるでしょう。

費用の内訳は入所時の「入所一時金」「入居金」「管理費」「食費」「介護自己負担金」などになり、入所一時金は入居金とは別になります。入所一時金は介護付有料老人ホームの施設全ての利用料で、納めた額から償却されていく仕組みになっています。
金額としては入所一時金が600万円(0円から数億円といわれており、幅があります)、入居金及び月額利用料が12万円(こちらにも幅があります)、食事代金に5万円程度というふうになっています。
それに介護保険自己負担金(全額の1~3割負担)、おむつ代、月々のお小遣いや生活費が加わります。