介護付有料老人ホームと外部の居宅サービスは違う

介護付有料老人ホームは、施設内で介護のサービスが受けられる、特定施設入居者生活介護事業者の指定を都道府県から受けています。
つまり、入所すると介護に関する心配がないということになります。
有料老人ホームには、特定施設入居者生活介護事業者の指定を受けていない施設もあります。
事業者指定を受けていない場合、「ケア付き」や「介護付き」というふうにはなりませんし、パンフレットにも記載をしてもいけません。相談に行かれる際には、介護についてどのようになるのかということをしっかりと確認します。勘違いをされて入所した場合、別で居宅サービスを探さなければなりませんので、注意しましょう。





有料老人ホームには上記のように、特定施設入居者生活介護事業者の指定を受けていなくても、介護が必要になったときにも継続して入所が可能なところもあり、介護が必要になったときは退所しなくてはならないところもあります。
「介護が必要になったときにも継続してここにいられますよ?」という言葉にも気をつけてください。慣れていないだけに惑わされることになりますので、施設で介護サービスが可能なのかという言葉の意味もつかむようにしてくださいね。
ちなみに、居宅サービスや訪問介護の利点は「対個人」でのケアが受けられることです。