介護付有料老人ホームとはどういった施設でしょうか?有料老人ホームにもいくつかの種類があります。
老人ホーム入所希望の方で自立した生活が行える方は「健康型」に入ることができます。その場合、介護が必要になったときには退所しなければなりません。
同じく、自立した生活が送れる老人ホームには「住宅型」と呼ばれるタイプもありますが、こちらの場合、介護や看護が必要になったときには外部からサービスを取り入れながら継続して入所が可能です。ただしこちらの場合「介護付」ではなく、あくまでも外部から取り入れるといった形になります。
介護付有料老人ホームは、特定施設入居者生活介護の認定を受けた老人ホームです。
認知症の方が入れる老人ホームには、上記の介護付有料老人ホームやその他、グループホームや特養などがあります。


ですので、入所者の中に介護を必要とする人に対し、日常生活における食事、入浴、排泄、その他に対して施設の方でサービスを提供します。
厚生労働省からは老人福祉法において「介護保険の特定施設の指定を受けたもの」とし、介護保険法では「特定施設に入居している要介護者について、当該特定施設が提供するサービスの内容、これを担当する者その他厚生労働省令で定める事項を定めた計画に基づき行われる入浴、排せつ、食事等の介護その他の日常生活上の世話であって厚生労働省令で定めるもの、機能訓練及び療養上の世話」とあり、都道府県からは「特定施設入居者生活介護の指定を受けた施設」と、厳しく決められています。
自立した方はいずれの有料老人ホームにも施設により入居する事が可能ですが、それを決めるのは各運営事業者になります。事業者の大部分は介護保険サービスを提供する事が最も大きい収入となるため、自立の方が入る事を暗に嫌う所が多いのが事実です。
そのため、自立の人には月額に3万円別途料金を取ったり、多い所では20万円近い金額を設定している所もある程です。
しかし、介護保険制度が開始される2000年よりも前に開設した介護付有料老人ホームでは、元気なうちに入って介護になってからもしっかり介護しますといったコンセプトで運営されている所がほとんどになります。ですが、バブル時に建てられた事もあり、内装などは豪華な反面、費用的にはかなりの高額な施設が多くなっています。